快適な部屋のブログ

快適な部屋のブログ

間接照明の疲労回復効果
みなさんは間接照明についてご存知でしょうか?知らない方も多いと思われま...
車もお金も時間もないしDIYなんてできないけど大きい机がほしいとき
車もないし、時間もないし、通販で机買うようなお金もないけど 大きな机が...
貼り付け方の多様化が進む壁紙
壁紙の貼り付け方は、多様化してきつつあるのではないかと推測されています...

間接照明の疲労回復効果

みなさんは間接照明についてご存知でしょうか?知らない方も多いと思われます。それも無理もございません。なぜなら日常生活をしていく上で必要条件であるものではないからです。今回、インテリアとしてお選びしたのは「間接照明」です。初めは「オシャレでかっこいい部屋にしたい!」という思いから間接照明を設置いたしました。現に間接照明のあるお部屋はどこかいつもと違う非日常を思わせるような雰囲気を醸し出します。確かに、部屋の内装のかっこよさ、綺麗さの度合いは設置する前からはグンと跳ね上がると思われます。しかし、それだけではありません。実は疲労回復効果が伴っているのです。街を出てコンビニやスーパーマーケットに入るとお分かりいただくと思いますが、とても眩しく感じたことはなかったでしょうか?それはLEDを用いて明るさを出しているからなのです。もちろんそれが悪いと言っているわけではありませんが、その光の中では落ち着けると言えるでしょうか?反対に暖色の間接照明の部屋の中では、視覚的にも感覚的にも気持ちが穏やかになるはずです。ただかっこいいからというのではなく、安らぎの空間を求めるという意味でも、間接照明を取り入れてみてはいかがでしょうか? PR|レースのカーテンを選ぶなら
外壁の塗装は自分でも出来る
 私は一戸建てに住んでいますが、長く住んでいると問...
Read More
インテリアコーディネイトきほんのき
部屋の雰囲気ががちゃがちゃと統一感のない人にありが...
Read More
部屋を広く見せるためのインテリアコーディネート術
部屋を広く見せるためのインテリアコーディネート術と...
Read More
小さな部屋を広く見せるインテリア術とは?
大きくてみんなが憧れるような部屋に住んでみたいと一...
Read More
新築はカーテンレールも忘れずに購入しましょう
私は、3年前に新築建売住宅を購入いたしました。テレ...
Read More
インテリアのカーテンの重要性
インテリアコーディネートで何気なくカーテンを選んで...
Read More

車もお金も時間もないしDIYなんてできないけど大きい机がほしいとき

車もないし、時間もないし、通販で机買うようなお金もないけど 大きな机がほしいと思ったので、作りました。 非力で不器用な女性でも簡単です。 箱を2つと板を1枚買ってきて乗せるだけです。 箱は自分が座って作業したときに、手が疲れない高さのものを選びます。 ある程度丈夫な箱で蓋をかぶせるタイプの箱の方がつぶれにくいです。 間に膝がはいる幅に置いてみて、天板の大きさをざっくり決めます。 私の場合は雑誌が30冊ほどはいる箱を、2つ用意しました。 雑誌の片付けにもなりますし、雑誌の重みで安定性も生まれます。 箱は布を張ってるものを選ぶとおしゃれで丈夫です。 板は少し厚め(5~6mm)のベニヤ板で、自力で持って帰れる大きさのものを、 ホームセンターで購入しました。 本来なら、この板にやすりをかけて塗料を塗ってニスを塗って 天板として使いやすく加工するものですが、めんどうなのでそのまま使います。 雑巾で汚れなどをふき取ります。 板の側面や角をそのままにしておくとささくれなどがあり危険なので、 マスキングテープをぐるっと1周貼ります。 マスキングテープはちゃんと板にくっついてくれます。一気にかわいらしくなります。 マスキングテープなので飽きたら違う柄に簡単に変えられます。 板は表面処理をしてないので、コップなどを置くと水あとが消えませんので、 気になる方はテーブルクロスなどを使うといいと思います。 PR|スマシアは壁紙のお店
外壁の塗装は自分でも出来る
 私は一戸建てに住んでいますが、長く住んでいると問...
Read More
インテリアコーディネイトきほんのき
部屋の雰囲気ががちゃがちゃと統一感のない人にありが...
Read More
部屋を広く見せるためのインテリアコーディネート術
部屋を広く見せるためのインテリアコーディネート術と...
Read More
小さな部屋を広く見せるインテリア術とは?
大きくてみんなが憧れるような部屋に住んでみたいと一...
Read More
新築はカーテンレールも忘れずに購入しましょう
私は、3年前に新築建売住宅を購入いたしました。テレ...
Read More
インテリアのカーテンの重要性
インテリアコーディネートで何気なくカーテンを選んで...
Read More
部屋の壁紙の色や内装について
私の実家は数年前に新しく建てられました。そこには家...
Read More
今の時代のカーテンの買い方について
みなさんはカーテンを購入しようと思った時はどういう...
Read More

貼り付け方の多様化が進む壁紙

壁紙の貼り付け方は、多様化してきつつあるのではないかと推測されています。業者に依頼して壁紙を各自に接着させることが最もスタンダードであると考えられていますが、最近では自身で壁紙を設置できるキットが市販化されているため、簡単に壁紙を接着できる環境も整備されていると言えるでしょう。このようにして、様々な手法で壁紙を貼り付けられるようになっていくことで、効率良く壁紙を貼ることができるようになるのではないかと思います。 壁紙を貼り付ける専門の業者に依頼する場合と、自身で壁紙を接着させる場合では、様々な面で状況が異なっていくと考えられています。特に金銭的な面では差異がしばしば見受けられていると考えられているため、希望する予算などに応じて貼り方を設定していくことが望ましいのではないかと思います。今後も壁紙の貼り付け方に関しては、多様化の傾向が継続的に見受けられていくのではないかと考えられており、強い関心が抱かれています。

壁紙の新シリーズが欠陥品だったので全貼り替えしました

我が家は建てて2年が過ぎ、建築会社が2年次の検査をしてくれました。その時、息子から聞いていた壁紙の剥落について聞いてみました。

検査に来た下請けの業者さんは「窓枠等を付けた時、ネジを押し入れた部分の壁が落ちているので、そのうち止まると思います」と、言いましたが、後日確認の為建築会社の人が来ました。

あまりに壁紙がボロボロになっている箇所が多いので、壁紙のメーカーの人と検査専門の会社の人を連れて来て、調べてくれたのです。

建築会社の人は、この壁紙メーカーで最近欠陥品が出たのを覚えていて、我が家もそうではないかと調べてくれたのです。

結果、我が家の壁紙の95%は欠陥品で、そこだけ全貼り替えとなりました。

住んだままの貼り替えなので、建築会社が1階のLDKだけは1日で終わらせる予定を立て、全部で5日間でトイレから階段、廊下、2階の各部屋を終えてくれました。

私が不思議なのは、メーカー側は我が家で使った壁紙のロット番号迄控えて持っていました。それなら欠陥品が出たら、我が家を含め、その品を使った家にメーカーから連絡をして貼り替えをすべきではないでしょうか?

貼り替えは勿論、メーカーでは無く建築会社のクロス貼りの人です。

又、建築会社はお詫びをしていましたが、メーカーの背広の人は頭を下げただけで「迷惑を掛けてすみません」の一言もありません。貼り替えが始まった当日もたまたま壁紙の不足を届けただけで、私を見て「おはようございます」だけなのも不満です。

これが誰でも知っている大手の会社なのですから驚きです。

今回の欠陥の原因は、紫外線が当たると壁紙が劣化するというものでした。しかし、それはビニールより紙に近づけて作った新商品だったのです。

今は次々貼り換えているようですが、紫外線が当たる場所と言うとカーテンで隠れて家の中からは気付かない部分が多かったので、気付いていない家も多いと思います。

新商品は検査を重ねて作っていると思いますが、大手だけに欠陥品が出た時の対応もしっかりして欲しいと思います。

又、家の中で気になることは、遠慮なく早目に建築会社に相談すると良いと思いました。

生命保険の口コミ.COM|全身脱毛どこがいい|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|FXシストレ比較|住宅リフォーム総合情報|V20|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|全身脱毛 どこがいい|相互リンク募集サイト|マッサージのリアル口コミ.com|超SEO対策|内職 アルバイト|心の童話|

多くの人が検討する内装のアレンジ

最近では、部屋の内装のアレンジを模索する人が、多く見受けられるようになりつつあるのではないかと考えられています。希望する部屋の形式にするために、このようなアレンジを考える人が数多く見受けられているのではないでしょうか。アレンジの方法は多岐にわたるとされていますが、大規模な工事を伴うアレンジも、多くの人々によって実践されていると推測されています。 部屋の内装のアレンジに関しては、専門的な知識を有する人がアドバイスを実施する例も飛躍的に蔵してきつつあるのではないかと思います。そのため、的確に内装をアレンジする人も着実に増加してきているとされていることから、良い傾向のひとつとして捉えられているのではないでしょうか。今後も内装を自身の希望する雰囲気にアレンジしようと模索する人が、これまで以上に多く存在するようになるのではないかと考えられています。そのため、快適に住める空間を確立できる人が増加することにも関与するのではないでしょうか。