外壁の塗装は自分でも出来る

 私は一戸建てに住んでいますが、長く住んでいると問題なのが外壁の塗装です。一般的には十年に一度くらいは塗り直しが必要ですし、費用も馬鹿にはなりません。外壁塗装の場合は、足場の費用が掛かりますから想像以上に費用が掛かります。私は出来る限り自分で外壁の塗装をしています。その場合の注意をまとめてみます。
 外壁用の塗料には水性ペイントが良いと思います。素人が塗装するには場所によって塗料の粘度を変えます。それには水性塗料が簡単に薄められるので最適です。垂直の壁を塗る時には中程度の粘度が良く、薄過ぎると液だれします。水平面の場合は、薄くして粘度を低くし伸びを良くして、何度も多層塗します。平屋建てや二階建ての一階部分は、脚立があれば十分に塗れます。そして、きれいに塗るコツは、何といってもマスキングです。窓枠や色の変わる部分はマスキングが必要です。マスキングにしっかりと時間をかけてすれば、素人でも結構きれいに塗ることが出来ます。一回塗りではなく、最低でも二回塗りがむらなく仕上げるコツだと思います。費用は塗料と刷毛の代金だけなので、圧倒的に安くできます。

PR| 塗装費用を安くするコツ|